株初心者

初心者必見「NISA」のメリットとデメリット

株初心者,nisa,おすすめ

NISA(税制優遇制度)はご存知でしょうか?株式売買を活発化させようと国が始めた制度の事です。

株式投資をしている人であれば一度は聞いたことあるかと思います。

そこで今回はNISAとはどういう制度なのか?NISAを利用することのメリット、デメリットを紹介しようと思います。

初心者にも優しく解説していこうと思いますので参考にしてくれたら嬉しいです。

NISAとはどんな制度なのか?

年間取引額が120万まで非課税で運用できる。

2014年から制度が始まり年間120万まで非課税で運用することができる制度の事です。

普通口座で運用した場合だと利益の20.315%の税金がかかります。この20.315%がかかりません。

例えば普通口座で年間100万円の利益が出たとします。そのうち

100万 × 20.315% = 203,150円が税金として引かれます。

NISAで同じ利益がでたとしても、非課税ですので引かれる心配はありません。税金のことを考えなくていいので少し気が楽ですね。

NISA利用での運用期間は5年間

株式運用での売却益や配当金が非課税になる期間は5年間です。それを過ぎて保有している株式に関しては次の方法があります。

1.課税枠へ移動する。

2.売却する。

3.ロールオーバーを利用する。

2016年から始まった未成年者対象のジュニアNISA

日本在中の20未満でも1人1口座まで開設できるようになりました。

とはいっても子供が実際に株式の運用をするのは、不安だったり、抵抗があるかと思います。実際には親権者が代理で行うのが多いと思います。口座の管理者も親権者が代理で行うことになっています。

NISAにはメリットがいっぱい

NISAは確定申告が不要

一年間のうちどれだけ利益がでたとしても、非課税のため確定申告する必要がありません。

そもそも会社員の方だと確定申告をしたことがない人も多いと思います。多忙な人や忘れっぽい人でも安心してNISAを利用することができそうですね。

売買手数料もかからない

株取引でせっかく利益が出ても、手数料で利益を減らしたくありませんよね。「塵も積もれば山となる」取引回数が多くなればなるほど、手数料も侮れません。

一部例外はありますが、ほとんどのネット証券では売買手数料がかかりません。

NISA利用時の売買手数料が無料の証券会社を一覧にしてみました。

GMOクリック証券 手数料重視ならここ
楽天証券 普段から楽天を利用する人は良いと思います。
SBI証券 個人投資家売買代金No.1
マネックス証券 無料のオンラインセミナーもあり初心者におすすめ
カブドットコム証券 自動売買機能が充実しているため多忙の方におすすめ

NISA利用時に気をつけること

配当金の受け取り方法が「株式数比例配分方式」にしている場合のみ非課税になります。もしされていない方ですと注意が必要です。

各証券会社で配当金の受け取り方法を指定できると思いますので確認してみた方がいいかもしれません。

NISAにもデメリットがある

NISAだと利益と損を相殺できない

このブログでNISAの仕組みだったり、お得な情報を説明しましたがデメリットも存在します。

通常の口座ですと、損益が出た場合には損益通算を利用することができますが、NISAでは利用することができません。

NISAにもメリットがある一方でデメリットも存在するため、くれぐれも注意して株の運用をするようにしましょう。

まだ証券口座をお持ちでない方は口座を開設する必要があります。
証券口座の選び方やそもそも「株って何?」と思っている初心者必見の記事になっています。

株初心者,
【株式投資入門】株って何?少額資金でもできる?全て答えます株式投資未経験の人で株式投資に興味はあるけど株ってなに?少額投資でもできる? そんな人の疑問に答えようと思います。少しでも疑問解消に繋...