株初心者

PERとPBRの活用術、株価分析で読み解く力を身に着ける

株式初心者,PER,PBR

こんにちは、うししです。

株式投資の経験がある人なら一度は聞いたことがあるであろうPERPBRの解説とそれを活用した株価分析の仕方を紹介したいと思います。

これから株式投資を始めたいと思っている人に向けて簡単に分かりやすく解説していきたいと思っています。

少しでも参考にできれば幸いです。

PERとPBRとは

PER(株価収益率)

略語 PER = Price Earnings Ratio
計算式 株価収益率 = 株価 ÷ EPS(一株当たり当期純利益)
わかること 利益から見た株価の割安性
目安 一般的な平均は15倍程度(業種ごとにPERの平均は異なる)

解説

PERは、投資した金額を何年で回収することができるかを知るために使用できます。

例えば、PER10倍だったとしたら現在の当期純利益が10年続けば投資金額と同じ金額を回収することが可能です。このようにPERは、投資資金を1株益だけで回収するのに何年かかるかを表しています。

PBR(株価純資産倍率)

略語 PBR = Price Book-value Ratio
計算式 株価純資産倍率 = 株価 ÷ BPS(1株あたり純資産)
わかること 純資産から見た株価の割安性
目安 1倍以上なら割高で、1倍を割るようであれば割安

解説

企業が解散した場合に株主に配分される資産になるため解散価値とも呼ばれます

仮に企業が解散した場合は、持ち株数に応じて株主資本を受け取る権利があることからPBRが1以下だった場合には株主が儲かることになります。

まとめ

この記事では株式初心者に向けてPERとPBRのことを簡単に説明しましたが、まだ腑に落ちないことも多いいかもしれません。

しかし

  • PER = 株価が割安か割高かを判断するもの
  • PBR = 会社が解散した際の企業価値が分かるもの

このことだけ知っているだけでも十分脱初心者になるかと思います。

まだまだ覚えることは多いですが、少しずつでもレベルアップして株式投資ライフを楽しんでください。