日本株

JT[2914]株価分析、高配当狙いなら外せない銘柄

JT,2914,株価分析

高配当で有名なJTは配当狙いにピッタリの銘柄です。

世界4位のタバコメーカーでもあり、継続的に買い増ししています。

さらに、最近は株価が下がっていることもあり、配当利回りがかなり高くなっていて、高利回りとしても魅力的です。

そこで今回は、JTの株価分析と購入するべき理由を紹介したいと思います。

JT[2914]の株価情報

JTの株価情報

2019年8月9日時点の終値は2,301.5円です。

  • PER(予)11.4倍
  • PBR(実)1.54倍
  • 配当利回り(予)6.69%

配当利回りが6%を超えていますね。驚異的な数値です。

日本でトップを争うほどの高配当率になります。

株式初心者,PER,PBR
PERとPBRの活用術、株価分析で読み解く力を身に着ける株価収益率(PER:Price Earnings Ratio)とはなにか?株価純資産倍率(PBR:Price Book-Value Ratio)とはなにか?について株式投資初心者に向けて解説しています。...

EPS(1株当たりの利益)の推移

JT,2914,EPS

200円前後に推移していますね。EPSが高いとそれだけ稼ぐ力ある証明にもなるため、僕が株を購入するときに注目している指標でもあります。

株価は「EPS(1株あたりの純利益) × PER(株価収益率)」で求めることができるため、EPSが上がればその分株価も上がることになります。

株式初心者,EPS,解説
財務分析で重要なEPSで優良銘柄に投資する投資をする際に重要視しているEPS(1株当たり純利益)について株式初心者にむけて解説しています。...

ROE(自己資本利益率)の推移

JT,2914,ROE

いい数値ですね。一般的に10%以上だと優良とされているのに対しJTは15~20%に推移してます。

ROEは少ない資本で効率的に利益を上げているかのを判断することができます。

ROEが高ければ株主の資金を上手に使えている証拠です。

初心者必見,ROE,解説
ROE(自己資本利益率)とはなにか?簡単に分かりやすく解説!ROE(自己資本利益率)は自己資本を効率的に使用して利益を生み出したかを測る指標で、投資の神様であるウォーレンバフェット氏も好む指標です。この記事では初心者にROEについて分かりやすく解説しています。...

JT[2914]の財務状況

自己資本比率・有利子負債比率

JT,2914,自己資本比率

50前後に推移しています。一般的に50%以上だと優良企業だとされています。

JTの有利子負債比率は27%です。

有利子負債比率が100%以下だと、自己資本ですべての負債を返済することが可能のため、優良企業です。

有利子負債比率は「有利子負債 ÷ 自己資本(株主資本) × 100%」で求めることができます。

流動比率

JT,2914,流動比率

流動比率は120%前後に推移していますね。安全水準です。

流動比率が100%を超えているため、短期的な支払に困ることはありません。

JT[2914]の配当金と配当性向

配当金推移

JT,2914,配当金

JTは16年連続で増配中です。来期も増配を予定しています。

増配を継続している企業に投資をすることで、インカムゲイン(配当金)を増やし続けることが可能です。

こういった企業には積極的に投資を行っていきたいですね。

配当性向

JT,2914,配当性向

ぱっとみ、かなり高そうな配当性向ですが世界のタバコ事業はどれも高い配当性向です。

財務状況もいいことから、今後の配当も期待できます。

JTの大株主は日本政府(33.3%保有)でもあることから、配当金がなくなることは考えにくいですしね。

この辺は、日本電信電話(NTT)と同じことが言えますね。

NTT,日本電信電話,株価分析
高配当 + 高増配ならNTT(日本電信電話)も狙い目NTTドコモなどを傘下に持つ日本電信電話(NTT)[9432]。インフラ株で高配当のこともあり人気の銘柄です。そのNTTを分析したので紹介しています。PER(予)10.2倍、PBR(実)0.96倍、配当利回り(予)3.91%...

JT株を継続的に買い増し予定

現在、JTで含み損中ですが、気にせず継続的に買い増ししています。

ここ最近は、株価の下落が目立ちますがビビらずホールドし続けていく予定です。

多分、よほどのことがない限り一生、保有し続ける銘柄ですかね。

配当金は、貴重な不労所得ですので、これからもどんどん増やしていきたいと思います

証券会社はツール等が充実しているマネックス証券を利用しています。

以上が、JTの株価分析でした。