日本株

積水ハウス[1928]株価分析!高配当狙いにピッタリ!

積水ハウス,1928,株価分析

積水ハウスは大阪府大阪市北区に本社を置く住宅メーカーです。最近、地面師の件でニュースになったことは記憶に新しいですよね。

僕も保有している銘柄の1つであり、高配当株として非常に人気があります。

それでは早速、株価分析をしていきましょう。

積水ハウス[1928]の事業内容

積水ハウス,1928,事業セグメント

出典:積水ハウス企業案内

積水ハウスは、住宅団地の開発、リフォーム、海外事業を行っています。

売り上げが一番高いのは、不動産フィーですね。

どこか1つの事業に依存しているわけではなく、バランスの良い事業セグメントになっています。

積水ハウスの株価情報

2019年8月9日時点の終値は1,809.5円です。

  • PER(予)9.0倍
  • PBR(実)1.05 倍
  • 配当利回り(予)4.88%

配当利回りが5%近くになってきましたね。

日本でもトップクラスの高配当銘柄で、20万以下で購入することができます。

株式初心者,PER,PBR
PERとPBRの活用術、株価分析で読み解く力を身に着ける株価収益率(PER:Price Earnings Ratio)とはなにか?株価純資産倍率(PBR:Price Book-Value Ratio)とはなにか?について株式投資初心者に向けて解説しています。...

EPS(1株当たりの利益)の推移

積水ハウス,1928,EPS

順調に伸びてきていることが分かりますね。

株価はEPS(1株あたりの純利益) × PER(株価収益率)で計算できます。

201.99(会社予想EPS) × 8.86(会社予想PER) = 1789

と株価の推移予想をすることができます。

株式初心者,EPS,解説
財務分析で重要なEPSで優良銘柄に投資する投資をする際に重要視しているEPS(1株当たり純利益)について株式初心者にむけて解説しています。...

ROEの推移

積水ハウス,1928,ROE

ROEは効率的に利益を上げているかどうかの判断材料になるため重要な指標です。

一般的に10%以上だと稼ぐ力が高いとされています。

ROEも順調に伸びていますね。

初心者必見,ROE,解説
ROE(自己資本利益率)とはなにか?簡単に分かりやすく解説!ROE(自己資本利益率)は自己資本を効率的に使用して利益を生み出したかを測る指標で、投資の神様であるウォーレンバフェット氏も好む指標です。この記事では初心者にROEについて分かりやすく解説しています。...

積水ハウス[1928]の財務状況

自己資本比率

積水ハウス,1928,自己資本比率

自己資本比率が高いほど、財務的に安全だといわれています。

積水ハウスは右肩下がりとはいえ、50%前後に推移しているため安全圏内に位置していますね。

流動比率

2016年 189.8 %
2017年 222.5 %

流動比率は150%以上あれば優良水準とされているのに対して、積水ハウスは200%前後もあります。

短期的な資金繰りには困らないと予想できます。

積水ハウス[1928]の配当金と配当性向

配当金推移

積水ハウス,1928,配当金

7年連続で配当金額を増配中です。

しかし、リーマンショック後に2度減配している過去もあるため注意が必要ですね。

配当性向

積水ハウス,1928,配当性向

業績が好調なこともあり7期連続増配中でも配当性向が40%前後で安定推移しています。

配当余力も十分に残っていますね。

積水ハウスの権利確定日と株主優待

権利確定日は1月

1月が権利確定日です。

日本の企業は3月9月が権利確定月にしていることが多いため、配当金の受け取りを分散できる積水ハウスは貴重な銘柄といえます。

株主優待品は魚沼産コシヒカリ

積水ハウスの株を権利確定日に1,000株以上保有すると、新潟県魚沼産コシヒカリ新米5kgがもらえます。

現在の株価で計算すると1,000株 × 1,769 = 1,769,000円必要です。

優待品目当てに投資をすることはかなり厳しいですね。

とはいえ、財務優良なうえに高配当のため魅力的な銘柄です。

積水ハウスのように高配当で財務状況の良い企業に継続的な投資を行っていけば、雪だるま式に資産を増やすことが可能になります。

配当金は、会社の給料以外に得られる貴重な収入原です。

これからも引き続き高配当銘柄を中心に投資を行っていきたいと考えています。

以上が、積水ハウスの株価分析でした。

 

こんな記事も書いています

株主優待,おすすめ,ランキング
うししが選ぶ株主優待おすすめランキング5選!優待内容の良さ・最低取得金額の低さ・企業の安定性をもとに、おすすめの株主優待ランキングを紹介しています。株主優待を探している人におすすめです。...

 

NTT,日本電信電話,株価分析
高配当 + 高増配ならNTT(日本電信電話)も狙い目NTTドコモなどを傘下に持つ日本電信電話(NTT)[9432]。インフラ株で高配当のこともあり人気の銘柄です。そのNTTを分析したので紹介しています。PER(予)10.2倍、PBR(実)0.96倍、配当利回り(予)3.91%...